脅迫された時の対策


     
若い女性A
『私、旦那には内緒でヘルスで働いていたら
野蛮な男が自宅まで押しかけてきて
俺の命令に従わなければ
ヘルスで働いていたのを
旦那にチクるぞ!と脅されたの…
それで私は口封じの為に
仕方なくエッチしたんです』
     
お助けマン
『それは自業自得だよ。売春だよ!
親から授かった大事な身体を売ったら
男は皆、怒りを感じるよ!
でも、脅した男は卑劣な野郎だね
フーゾク遊びする男は皆
まともな奴一人もいる訳
ないんだよ』
     
若い女性A
『そうですよね…』
     
お助けマン
『それに、脅した野蛮男
絶対に約束守らないよ
いつかは旦那さんにバレるよ』
     
若い女性A
『えーっ、どうしよう。
私、小学生の子供が二人もいるんです…』
     
お助けマン
『母親失格だよ
子供の将来を考えたら?』
     
若い女性A
『確かにその通りですね
でも子供の為にも対策を考えないと…』
     
お助けマン
『あれだけ卑怯な野郎だから
手を打つとしたら
徹底的に叩くしかないね』
     
若い女性A
『どうやってですか?』
     
お助けマン
『ここではお答えできませんね
他の人も同じ事言いますよ』
     
若い女性A
『そうですか…』
     
お助けマン
『愛する家族の為にも
先ずは証拠隠滅が先決だよ
お店の店長たちに相談して
協力してもらうと良いよ』
     
若い女性A
『そうですね!やってみます
ありがとうございました』
     
お助けマン
『卑劣な野蛮男の弱点、知ってる?』
     
若い女性A
『いいえ』
     お助けマン
『相討ちを恐れる
恐い人を相手に出来ない弱虫
ヤクザ
警察が恐い等があげられるよ!』







トップページへ戻る