給料を踏み倒された時の対処方法

全額戻ってきます
段階を追って対処しよう
因みに給料の踏み倒しは
労働基準法第24条に反します



私は過去に白○屋で、丸々一か月分の給料を
踏み倒されたことがあります

 今は真面目にやっているかどうかは
わかりませんが


これだけは知っておきましょう

ブラック企業は一人がクレームを訴えたぐらいでは
労働基準監督署は対処しないのを知って、貴方を嫌がらせ・挑発
それだけ、ブラック企業はずる賢いのです
特に、不当解雇され、労働者にショックを与えた後に
給料の踏み倒しが高確率で起きます

あなたがやるべき事は?
①ネットで検索
先ずはスマホやネットで「給料踏み倒し」 と検索!
検索したら
効果的なブラック企業を叩く知識を得る事です

②銀行口座で入金状況を確認
次に
銀行or郵便局の指定口座の入出金履歴を確認してください
  
③給料が振り込まれていない理由を確認
第三に
会社から給料が振り込まれていないのを確認したら
会社に電話しましょう!
「給料が振り込まれていませんけど… 」と催促してください
何か理由があるかもしれません
例えば
本社まで取りに来てくださいって言うかも知れませんし

④相手の会社へ内容証明の郵送
第四に、会社側が給料を払う気がないのを確認したら
郵便局の内容証明を会社に郵送
内容証明郵便物ならお金をかけずに
ブラック企業を叩く事が出来る反面
効果がない場合あります
なので、書き方によって、展開が変わってきます

⑤簡易裁判所にある調停の申し立て
内容証明郵便物を郵送しても効果がないなら
簡易裁判所へ足を運び
少額訴訟を起こす為の書類をもらい
有料国選弁護士に相談
※役所の無料弁護士は非常に危険です
場当たり的な回答しか出さないので辞めましょう
その際、働いた分の給料の他に遅延損害金
交通費全額、裁判費用も催促しましょう
訴状に「一円の不足も認めません」と
但し、一度、和解したり
時効が二年過ぎると無効になります

⑥労働基準監督署へ書類の提出
裁判所の少額訴訟を起こした書類と
内容証明郵便をコピーし
コピーした書類を労働基準監督署へ提出しましょう
ブラック企業は、不当解雇や給料の踏み倒し
サービス残業等、悪質な行為が成功すると
調子に乗ってつけ上がり
また悪質な行為を繰り返す習性があるからです
それだけ一人のクレームはバカにならないのです

多少、労力とお金と時間を使いますが
ブラック企業を叩ければそれで十分ではないでしょうか?







減給の被害にあったら?

労働者に不正行為や事故、処分の対象があればアウトですが、
それ以外は違法です。
只今作成中です。もう暫くお待ちください。






深夜手当、祝日手当て、残業手当の踏み倒しは?

現在、作成中です。暫くお待ちください






サービス残業

時間給制なら完全に違法ですが
固定給だと何時間残業しても給料は変わらないので
定時になったらササッと帰った方が良い?

固定給制度に出来るのが正社員のみで
アルバイトで固定給制度を設ける行為は違法です


只今、作成中です。
もう暫くお待ちください。






トップページへ戻る