金八先生を目指したが…

生徒を無事に卒業させられるような
教師になれれば十分なのです
    教師A
『お助けマン!俺金八先生のように
生徒から尊敬される教師を目指したが
何で生徒からコケにされるんですか?』

    お助けマン
あれはあくまでもドラマ
金八先生のような先生は逆に珍しいですよ』

      教師A
『そうですよね。よーく考えたら…』
      お助けマン
『で、真面目な生徒からは?』
      教師A
『仲良くやってますが…』
    お助けマン
『全然ノープロブレム!
金八先生を目指す必要はありませんよ
生徒全員無事に高校を卒業させるのが
教師としての使命ですよ』

     教師A
『そうなんですけど
何でバカにされるんですか?』

   お助けマン
『ダメ親が子供に他人を傷つける
甘やかした教育をしてるからですよ』

    教師A
『やっぱ、俺、教師には向いてないんですね…
教師の道は甘くなかったんですね…』

   お助けマン
『違いますね
悪ガキは弱そうな人しか狙えない奴なんですよ
何の為に勉強して、大学卒業して
教師免許を取ったんですか?』

    教師A
『夢を実現させる為です』
    お助けマン
『その通り!ダメ教師は真面目な生徒みんなから
他の教師からも嫌われています
そういった人は他の職に転職しても成功しません』

    教師A
『そうなんですけど....他の先生は普通に接していて
何で俺だけバカにされなければならないんですか?』

   お助けマン
『貴方に心の弱さがあるからです。
目くじら立てていると
ますます人間関係が拗れますよ』

    教師A
『何って言われたか解ります?
「※※はキモい....」ですよ。
黒板に陰湿な落書きもありました…』

   お助けマン
『私も言われた事あります』
(覆面を取ると)』

    教師A
『表情が明るいではないですか』
   お助けマン
『配達やってますんで、私はお客様に笑顔で
「有難うございました!」と言ってますよ』

    教師A
『そうですよね
容姿は気にしてはいけませんね
黒板にキモいと落書きされたら?』

   お助けマン
『そんな時は落書きした
証拠写真を撮ると良いですよ』

    教師A
『そっかぁ…そういう手がありましたね
聞き分けのないガキ
張り倒してやりたいよ!』

   お助けマン
『わかりますよ、その気持ち
悪ガキは違法でなければ何でもする弱虫
つらい思いしているのは貴方だけではありません
弱い子どもたちも同じ目に遭ってます
教師には権力があるから
まずは注意してください
言って聞かなかったら授業を中止しても良いんですよ
そうすれば他の生徒も欠席扱いになり
「おい!※※先生に謝ってこいよ!」と
言ってくれるから
そこで悪ガキ全員に始末書を書かせると良いですよ』

    教師A
『そうですね、そういう手があったんですね』
   お助けマン
『悪ガキは自分が傷つかないと直らない
卒業時に悪ガキ数人が絡んできたら
進学先や就職先にチクると良いですよ 』














トップページへ戻る