日本の裁判の進め方

日本の裁判は世界でトップクラスの酷い判決
どうしたら公平な判決が出るか?
私も知りたいです…



効果的な民事裁判の進め方

残念な事に、日本の判事は汚い事しているのです

下された判決が限度を超えた不公平だからです

日本の裁判の判決
刑事事件の99%が有罪…
民事事件の99%が棄却…

民事裁判で悪党と争うとすると
悪党は100%答弁書にウソを書きます


当然、裁判官は証拠調べを一切やらず
安易に【棄却】 の判決を下します

最終的には多大な時間、多大な労力
大金のムダ使いで終わります


弁護人をたてても裁判には勝てません
馬鹿馬鹿しいですね

答弁書にウソを書かせない方法として
被告人が訴えられて、バカ正直に
「 はい、やりました 」 と認めると
次はお金の問題が絡みます

被告人は相手に損害賠償を支払うのは不快なので
何が何でも踏み倒す為に
必ず答弁書にウソを書くのです

裁判官は証拠調べを一切やりません

仮に弁護士をつけても時間をかけて
ジックリ考えているように
見えてますが、実は考えていません

事件解決を最優先するなら
訴状に『 損害賠償請求は一切行いません 』
と書く事です

それでも被告人が答弁書にウソを書いて提出するようなら
人を誹謗中傷するような回答されたら

裁判所で一番ランクが低い調停を申し立てます

調停とは?
調停員を三人?立ち合いに入れて
原告側と被告人が交互に部屋を行き来して
話し合いをしながら解決させていくので
両者との話し合いがまとまらず
一定の期間が過ぎると
強制的に調停不成立となります
また、被告人は答弁書にウソを書いては
何かしら理由づけて、調停に出席しない場合もあります

調停の上手な使い方として
強制的に調停不成立になる前に
被告人を質問攻めにする事です
質問した回答内容を紙に書かせてください

調停不成立になったら、地裁に上告せず
訴状や答弁書、質問した解答用紙をコピーし
会社ならお得意先にばらまくと良いでしょう







トップページへ戻る